« ボヨンボヨンな交通事故? | トップページ | マスター、煙管を買う! »

2010年5月19日 (水)

新米バイトのオススメ@チーズ編その4

毎度ありがとうございます。

インターネット管理部・新米バイトです。


久しぶりに、チーズのお話です。

前回はどのチーズをご紹介したっけ?と思ってしまうほど

間が開いてしまったような気がします(汗)


今回は、ハードのプリンス、「ボーフォール」のお話です。


ボーフォールAOCは、フランス東部、アルプスが連なる

サヴォア地方で作られます。

かの美食家、ブリヤ・サヴァランも賞賛したこのチーズ、

山のチーズの中ではかなり好きなチーズです。


通常のボーフォールもかなりおいしいのですが、

夏の間、標高の高いところで放牧し、

自然の草をたくさん食べさせた牛のミルクから作られる

「ボーフォール・エテ」、

標高1500m以上ので放牧された牛のミルクから作られる

「ボーフォール・アルパージュ」

はもう、格別です。


かなり熟成されたものは、シャリシャリと旨みも凝縮されております。

初めてエテを食べたときはもう感動しました。

少量かじっただけで、口いっぱいに広がる清清しい空気、

ハーブなどから採取したような蜂蜜の味わい、

なんという長い余韻!


スイスの山のチーズといえば、

グリュイエールを真っ先に思い浮かべる人が多いかもしれません。

ボーフォールはよりコクがあり、余韻が長いのです。

(最近食べたグリュイエール・プリュミエ・クリュは

結構コクがあって、気に入りました。

ボーフォールほどではありませんでしたが。)


もし機会がありましたら、是非

お試しくださいませ。



****************************************

これからも、ミスターパピーをよろしくお願いします。



« ボヨンボヨンな交通事故? | トップページ | マスター、煙管を買う! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/88126/34773169

この記事へのトラックバック一覧です: 新米バイトのオススメ@チーズ編その4:

« ボヨンボヨンな交通事故? | トップページ | マスター、煙管を買う! »

最近のトラックバック