2010年4月21日 (水)

ピーマンの宇宙

毎度ありがとうございます。

インターネット管理部・新米バイトです。


少し前のことです。

新米バイトは自宅にて、

ピーマンを使った料理を準備しておりました。


ピーマンを複数個、縦に半分にし、

最後の一つをきったところ、

中に「どうやって入ったの??」というくらい

大きな黒い何かの幼虫が入っていました。

ピーマンの中の空洞部分に沿って体を曲げながら

成長したと思われます。

おそらく、卵の時点、もしくはかなり小さなときに

何らかの原因で、少しの隙間から

ピーマンの内部に落ち込んだのだと思います。


人間、あまりに驚くと、「きゃー」な~んて悠長に

叫んでいられません。

もう声も呑んでしまい、完全にフリーズ状態。

暫くじっとして、何が眼前で起こっているのか整理できたころ

ようやく動き出すことができました。


その虫にとっては、そのピーマンの内部が

全宇宙だったんですよね。

なんという小さな世界。

内部のヒダや種、脱皮した抜け殻等を食べていたのでしょう。

小さな緑の中で、外があることも認識していなかったかも。

おそらく死因は冷蔵庫による「凍死」でしょう。

(包丁できらなくてよかった~)


無限に大きな時間と空間からみると

私自身もその虫と同じようなものでしょう。

ふと、

無知を知るより知らないほうが

きっと幸せなのだろうけど、既知なら

引き返せないのだなぁとちょっと思いました。


人それぞれが、それぞれのピーマンの中にいる、

なーんてイメージしてみたら。。。

シュルレアリスムの絵みたいですね。

ルネ・マグリットとかの(笑)


IHのキッチンは、ガスの直火を使用しないので

夏でも暑くありません。

でも、変に汗が流れた一時でした。


今日は大変取り留めのないことを書いてしまいました。

近日、マスター徹底研究がありますので

しばらくお待ちくださいね~。



****************************************

これからも、ミスターパピーをよろしくお願いします。



最近のトラックバック